2019.09.24 UP

サクサクなのにクリーミー!隠岐の島の恵に思いを馳せる「隠岐・海士の海鮮コロッケセット(いわがき・白いか各6個入り)」

突然ですが、コロッケはポテト派ですか? クリーム派ですか?
私は断然ポテト派です。と言いつつ、やっぱりクリームコロッケのあのトロリとした食感、まろやかな味わいも捨てがたい…とつい優柔不断になってしまうこの選択肢ですが、その両方が味わえるお得感いっぱいのコロッケをオンワード・マルシェで見つけました。
「隠岐・海士の海鮮コロッケセット(いわがき・白いか各6個入り)」です。
作っているのは、島根県の北方80キロに位置する隠岐(おき)諸島・海士(あま)町で新鮮な魚介やその加工品を提供している『ふるさと海士』です。
『ふるさと海士』が取り扱っている代表的な魚介が「いわがき春香」と「朝どれ白いか」です。
「いわがき春香」は衛生管理を徹底し、十分な水質検査を行った海域で約3年かけてじっくりと育てられます。いわがきの旬である3~5月に水揚げされたものを、付着した海藻や貝を丁寧に取り除き、16時間以上も紫外線滅菌海水の流水に浸して浄化するという徹底ぶり。こうして初めて安全・安心に食べられるようになった牡蠣だけが「いわがき春香」となるのです。
一方「朝どれ白いか」は、隠岐近海で夏から秋にかけて水揚げされる白いか(剣先イカ)をCAS旬感凍結という最新の技術で凍結保存したものです。この冷凍技術のおかげで細胞組織体を痛めずに鮮度が保たれ、解凍時に旨味や風味を残して“とれたて”の味を再現することが可能となったのです。
コロッケの具にするなんて勿体ないのでは? と思うのは凡人の考え。それを見越したかのように、コロッケになって勿体ないとは絶対に言わせないぞ! と言わんばかりの作り手の熱意が、実際に食べてみると伝わってくるのでした。
「隠岐・海士の海鮮コロッケセット」は、それぞれ2個ずつのパックが3つずつ、計6パック入っています。
揚げ方が書かれた紙も中に入っており、180℃~190℃に熱した油に凍ったままのコロッケを入れるだけ。きつね色になり浮き上がってきたら出来上がりです。油の温度が下がるとパンクすることもあるので、家庭では少量ずつ高温を保ちながら揚げることが失敗しないコツです。
いずれも、まるでクリームコロッケのような滑らかさがありながら、ポテトのホクホク感もちゃんとあるしっかりした食感です。
「いわがき」は見た目の存在感より味は控えめであっさりしています。牡蠣が苦手な方もこれなら食べられるかもしれません。レモンをかけるといわがきの味が引き立ちますよ。
「白いか」は、いか独特のコリコリした食感と風味が効いていて、一段と海鮮らしさが感じられます。
そのまま食べても美味しいのですが、ウスターソースをほんの少し付けて食べるとまた違った味わいになって美味しかったです。余ったらサンドイッチにしても良いですね。
子供から大人まで幅広く気に入ってもらえること請け合いの贅沢コロッケです。
隠岐・海士の海鮮コロッケセット(いわがき・白いか各6個入り)

ふるさと海士

隠岐・海士の海鮮コロッケセット(いわがき・白いか各6個入り)

¥4,614(税・送料込)

島根半島の北方80kmに位置し、大小約180を超える島で構成される隠岐諸島。暖流と寒流がぶつかり合う潮目にあたり、海の幸の宝庫で、特に岩がきは特産品として愛されています。そんな隠岐諸島の海士町で自慢の海の幸を全国にお届けするのが『ふるさと海...
商品詳細を見る
マルシェ編集部

マルシェ編集部

レポーター

商品をお楽しみいただくイメージがより具体的に膨らむよう、マルシェ編集部のレポーターが実際に商品を購入し、お客さま目線で実食までを本気でレポートします。どのような形で商品が届くのか、そしてどのような調理や下準備が必要なのか、注意点なども含めて分かりやすくお伝えします! みなさまのご購入の参考になるよう、レポートしますので是非お役立てください!

このレポーターの記事一覧

忙しい人の救世主!簡単で手間いらずの揚げ物「おうちで揚げないコロッケとメンチカツ」
北海道の豊かな食材をスイーツに!「フルーツのレアチーズケーキとキャラメルケーキセット」
本場仕込みの味を気軽に食卓で!鮎だしのポン酢と塩で食べる「藁焼きトロカツオのたたき1本入」
もっと見る マルシェレポータートップへ戻る

ご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせください。
カスタマーサポートセンターよりご返答させていただきます。