2019.03.26 UP

長崎和牛100%の本格パティが魅力「ゆきおじさんのスペシャル佐世保バーガー 5個入」


ハンバーガーは、手軽に食べられるファーストフードの印象が強いですが、よくよく考えると自分で作るのは難しいですよね。バンズは既成品を買うとして、パティや卵といった具材も用意しなくてはいけません。そこまでするならお店に出かけたほうが楽だし、美味しいし、コスパ的にも良いと思っていました。そんな私の価値観を変えたのが『佐世保バーガーと九十九島の幸 はな一』の「ゆきおじさんのスペシャル佐世保バーガー 5個入」です。

 
 

佐世保バーガーは長崎県佐世保市の名物で、1950年代に米軍からレシピを聞いたことから地域に広まった、日本におけるハンバーガーの元祖的な存在なのだそう。現在、佐世保市内には30店舗以上の専門店があり、なかでも有名なのが九州ご当地グルメグランプリで第2位を獲得している「ゆきおじさんのスペシャル佐世保バーガー」なのです。

 
 

作り方は非常に簡単。冷凍されたままの状態でパティを2分ほどレンジでチン。ベーコンと卵はセットになっており、そのまま1分ほど温めればOKです。その間に袋から取り出したバンズを、これまた凍ったまま2分ほどトースターで焼きます。マスタードをぬり、パティをのせ、ケチャップをぬり、チーズ、卵、ベーコンを乗せ、マヨネーズをかけてバンズで閉じれば完成です。

調理の時間は3分ちょっと。近所のファーストフード店に行くよりも、かなり楽ができたと思いました。さて、お味の方はというと……想像していた以上に本格的。長崎和牛100%というパティだけでも十分にジューシーなのですが、ベーコンとチーズが加わることで重層的な旨味がプラスされています。全体の味わいをマイルドにする卵、そして酸味と甘味が効いているオリジナルのマヨネーズ&ケチャップも素晴らしい。味付けがハッキリとしているから、いろんな具材にまとまりが生まれているんですよね。

 
 

2個目はちょっぴり豪華な味わいにカスタマイズ。まず、バンズの内側両面にバターを塗り込んでから、染み込ませるようにトースターで焼きました。こってりかつ、しっとりさせるのが狙いです。追加具材はレタス、トマト、アボカド。付属とは別に溶けるチーズを1枚、さらにシュレッドチーズも振りかけました。具材たっぷりながら、どうにかバンズ内に収まり、名付けて「アボカド入りのハワイ風トリプルチーズゆきおじさんのスペシャル佐世保バーガー」が完成です!

チーズとバターが加わり、ちょっとだけカロリーは気になりましたが、レタス&トマトたっぷりでヘルシー感アップ。主役のパティのジューシー感を一層引き立てます。そしてアボカド&トリプルチーズがクリーミーさとコクをプラス。やはりオリジナルのマヨネーズ&ケチャップが全体を美味しくまとめ上げ、ゴージャスではあるのですが、親しみやすい味わいに仕上がりました。

自宅で手軽に本格な味わいが楽しめ、ボリュームたっぷり。カスタマイズもできて、なにより味の完成度が高い「ゆきおじさんのスペシャル佐世保バーガー 5個入」。突然ハンバーガーが恋しくなったときのため、冷凍庫に常備しておきたい逸品です。

ゆきおじさんのスペシャル佐世保バーガー 5個入

佐世保バーガーと九十九島の幸 はな一

ゆきおじさんのスペシャル佐世保バーガー 5個入

¥5,508(税・送料込)

ただ今、大変多くのご注文をいただいておりますため、ご注文からご発送までに10日間程度かかる場合がございます。申し訳ありませんが、ご了承の上、ご注文をお願いいたします。  九州ご当地グルメグランプリ2位を受賞した佐世保バー...
商品詳細を見る
マルシェ編集部

マルシェ編集部

レポーター

商品をお楽しみいただくイメージがより具体的に膨らむよう、マルシェ編集部のレポーターが実際に商品を購入し、お客さま目線で実食までを本気でレポートします。どのような形で商品が届くのか、そしてどのような調理や下準備が必要なのか、注意点なども含めて分かりやすくお伝えします! みなさまのご購入の参考になるよう、レポートしますので是非お役立てください!

このレポーターの記事一覧

しっとり、ふっくら、優しい甘味。栗が丸ごと一つ入った「大きな栗のしっとりどら」
鹿児島伝統酒と沖縄塩で仕上げた「鯛づくしの一夜干し 5袋入り」
愛媛の太陽の恵み、爽やかな風を感じる「ブラッドオレンジジュース 720ml × 2本」
もっと見る マルシェレポータートップへ戻る

ご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせください。
カスタマーサポートセンターよりご返答させていただきます。