ポイントアップキャンペーン

2019.10.24 UP

芳醇なコーヒーの香りととろけるクリームが堪らない「旧軽モカロールケーキ」

コーヒーは日頃ほとんど飲まないのですが、先日コーヒーフレーバーのジェラートに出合ってから、コーヒースイーツの魅力に目覚めた私。コーヒーを使ったスイーツは、オンワード・マルシェにも多数あり目移りしてしまいます。
そんな中から、今回お取り寄せしたのは「オンワード・マルシェ アワード2018 BEST SELECTION 100選」に選ばれた「旧軽モカロールケーキ」。カスタマーユーザーからのレビューにも「絶品です」「とっても美味しく、家族に好評でした」など、絶賛の声がたくさん寄せられており、期待できそう!
こちらを販売している『ミカド珈琲』は、1948年に創業したコーヒーロースター。まだコーヒーが庶民には高価だった当時、「日本人の味覚にあったコーヒーの味、飲み方で提供する」という考えのもと、コーヒーの焙煎からスタートしたお店です。そのため、使っているコーヒーにはこだわりがあり、長野県・軽井沢旧道店のハウスブレンド“旧軽通り”を使用。1952年のオープン時から愛されている味は、上品な香り、コク、酸味とさりげない苦味を感じるバランスの良い仕上がりです。「旧軽モカロールケーキ」には、特別な焙煎で丁寧にローストしているのだとか。スイーツながら本格的なコーヒーの味が楽しめるのも魅力ですね。
「旧軽モカロールケーキ」は、深いブラウンのシックな箱で届きました。蓋のロゴと箱の中がゴールドで高級感があり、贈り物にもぴったり。冷凍の状態で届くので、フィルムのまま冷蔵庫で6~8時間解凍します。

解凍してからカットしようと触れると、スポンジがふわふわでびっくり! とても柔らかく、強く力を入れると跡がついてしまいそうなほどです。私は1本丸ごと解凍してしまったのですが、その都度食べる分だけ冷凍のままカットし、解凍すると潰さずにきれいにカットできそうです。
ひと口食べてみると、ふかふかのスポンジとふんわりとなめらかなクリームが混ざり合い絶妙。甘さの中に程よい苦味があり、普段スイーツを食べない人でも楽しめる味だと感じました。また、コーヒーの苦味や酸味によって、後味がすっきりとしているのも特徴。もちろんコーヒーと相性抜群ですが、香ばしさのあるほうじ茶とも合いそうです。

今回、しっかり解凍したつもりが、クリームの中心が少し凍ったままでした。が、アイスのようでそれもまた美味。アイス風ロールケーキもぜひ試してみては。
旧軽モカロールケーキ

ミカド珈琲

旧軽モカロールケーキ

¥2,970(税・送料込)

ミカド珈琲・軽井沢旧道店のハウスブレンドコーヒーを「旧軽通り」を生地に使用、香りが引き立つようにモカロールケーキ用の特別な焙煎で丁寧にロースト。コーヒーロースターならではのこだわりの生地とふんわりとろけるような滑らかなコーヒークリームが絶妙...
商品詳細を見る
マルシェ編集部

マルシェ編集部

レポーター

商品をお楽しみいただくイメージがより具体的に膨らむよう、マルシェ編集部のレポーターが実際に商品を購入し、お客さま目線で実食までを本気でレポートします。どのような形で商品が届くのか、そしてどのような調理や下準備が必要なのか、注意点なども含めて分かりやすくお伝えします! みなさまのご購入の参考になるよう、レポートしますので是非お役立てください!

このレポーターの記事一覧

受け継がれること100年!シナモンが香る伝説の「アップルパイ」
カラフルなフレーバーが6種類!懐かしのぽん菓子「ぽんぽんカップギフトセット」
ハレの日のご馳走に!脂乗りの良い、身が締まった鯖を堪能する「3種の鯖棒寿司食べ比べセット(梅)」
もっと見る マルシェレポータートップへ戻る

ご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせください。
カスタマーサポートセンターよりご返答させていただきます。