2018.09.24 UP

柔らかくてうみゃ~な味わいがたまらない!「うみぁーっ手羽詰合せ」

手羽先といえば愛知県名古屋市のソウルフードとして有名ですよね!最近だと、名古屋で「手羽先サミット」と言う祭典が行われるほど親しまれている食べ物なんです。
一般的には「手羽先の唐揚げ」が有名で、市内には手羽先唐揚げ専門のお店がたくさんあるのですが、じっくり長い時間煮込んだ「手羽煮」も大人気!

今回は、その手羽先を醤油や味噌などでじっくり煮込んだセット「うみゃーっ手羽詰合せ」をお取り寄せしました。この手羽煮を手がけているのが、名古屋市の老舗佃煮店『石昆』というのも気になるところです!

ここで少し佃煮店『石昆』について説明をします。『石昆』もともとは昆布の加工店だったのですが、後に昆布の佃煮など、ダシ豊かな惣菜を作る会社になったんだそう。その長年培ったダシの技術を手羽先に活かして、この「うみぁーっ手羽詰合せ」が生み出されたんだとか。専門店のダシが効いた味わい、食べるのが楽しみですね!

話を戻して、商品をさっそく開けていきたいと思います。1箱に3種類の味が4本ずつ入っていて大ボリューム。
ほうほう…手羽煮の味は「甘辛しょうゆ味」「八丁味噌味」「ピリ辛味」の3種類のようですね。名古屋めしの調味料として欠かせない八丁味噌味がとても気になります。こちらから食べていきましょう。
見てください!この照り具合。味噌ダレがよく染みているのがわかりますよね。これは美味しそうです。がぶりと噛み付きたいところですが、名古屋では、手羽先の食べ方があるそうなのでそれを実践してみたいと思います。まず関節のところを切り離して手羽先を口に入れたら、2本の骨を引っこ抜けばするりと身の部分だけ取れるらしく……

すごい!本当に簡単に外れました。驚いて味の感想を伝え忘れるところでした、これは失礼。口に入れた瞬間に身がほろほろ崩れて肉汁が溢れます。そこに八丁味噌のコクのある旨味がどんどん押し寄せてきて、もうほっぺたが落ちるほど絶品。ほんの少しだけ辛味も効いていており、また「もう一本」っと求めてしまいますね。

続いて甘辛しょうゆ味を食べていきます。昆布ダシの味がよく出ていてるのがひと口でわかるほど濃厚な味わい。甘辛いしょうゆ味がまたお肉に抜群に合いますね。日本酒のアテにもピッタリではないでしょうか。

最後にピリ辛味をいただきます。最初は「あれ?甘くてあまりしょうゆ味と変わらないかも」と思ったのですが、後からしっかり唐辛子の辛味が舌を刺激してきました!甘辛さが絶妙でこれは白いご飯と食べたらもうたまらない味わいですね。ごちそうさまでした。
この「うみゃーっ手羽詰合せ」。その名の通り大変うみゃーな逸品でした。まだまだたくさんあるので、明日には手羽先の身をほぐし、ご飯に乗せて食べてみるのも美味しそう。手羽先がたっぷり味わえるセットになっているこの商品。みなさんも実際に名古屋の食べ方で味わってみてはいかが?
うみぁーっ手羽詰合せ(3種12本入)×2個セット

味の司 石昆

うみぁーっ手羽詰合せ(3種12本入)×2個セット

¥4,482(税・送料込)

昭和10年創業、名古屋の老舗佃煮屋『石昆』。昆布専門店として創業し、専門店だからこそできる製法で佃煮の他うなぎや手羽先などバラエティに富んだ商品をお届けいたします。 その『石昆』がお届けする、名古屋名物の手羽煮をしょうゆ・八丁味噌...
商品詳細を見る
マルシェ編集部

マルシェ編集部

レポーター

商品をお楽しみいただくイメージがより具体的に膨らむよう、マルシェ編集部のレポーターが実際に商品を購入し、お客さま目線で実食までを本気でレポートします。どのような形で商品が届くのか、そしてどのような調理や下準備が必要なのか、注意点なども含めて分かりやすくお伝えします! みなさまのご購入の参考になるよう、レポートしますので是非お役立てください!

このレポーターの記事一覧

忙しい人の救世主!簡単で手間いらずの揚げ物「おうちで揚げないコロッケとメンチカツ」
北海道の豊かな食材をスイーツに!「フルーツのレアチーズケーキとキャラメルケーキセット」
本場仕込みの味を気軽に食卓で!鮎だしのポン酢と塩で食べる「藁焼きトロカツオのたたき1本入」
もっと見る マルシェレポータートップへ戻る

ご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせください。
カスタマーサポートセンターよりご返答させていただきます。