【おせち】obi

誠に恐れ入りますが、送料無料キャンペーンをご利用の場合は、1商品ごとに決算いただきますようお願いいたします。

  • 創業安政三年、京都の料亭「下鴨茶寮」が
    手掛ける「日本酒バル のまえ」。
    老舗料亭の伝統と技を盛り込んで、
    格調高い味わいのおせち料理が完成しました。
    ぜひ日本酒とともにお楽しみください。

    ¥21,700(税・送料込)

    • 〈予約受付〉12月9日まで
      〈発送目安〉12月26~29日から順次発送

  • 多彩なレストランを擁する老舗ホテル「ハイアット リージェンシー 東京」。
    和洋中、それぞれ素材と味を吟味したホテル監修ならではの質の高いお料理で新年の食卓を華やかに彩ります。

    ¥18,600(税・送料込)

    • 〈予約受付〉12月10日まで
      〈発送目安〉12月27~29日から順次発送

  • 老舗ホテル監修の、丹精込めた料理の数々を和洋中の三段で優雅に盛り付けました。
    伝統的な和の食材からワインに合わせたい洋風オードブルまで、永沼勝之総料理長監修のラインナップをお届けします。

    ¥24,100(税・送料込)

    • 〈予約受付〉12月10日まで
      〈発送目安〉12月27~29日から順次発送

  • 利尻昆布のだしを味付けのベースにした、北海道の海の幸満載の創作おせちです。
    和風重が二段、洋風重が一段に蟹のしゃぶしゃぶまで付いた、お正月にふさわしい豪勢な取り合わせです。

    ¥23,200(税・送料込)

    • 〈予約受付〉12月15日まで
      〈発送目安〉12月24日から順次発送

  • 北海道の厳選素材にこだわった「島の人」一番人気のおせち。
    海の恵み溢れる三段重に食べやすくカットされたズワイガニとタラバガニの二大蟹がついた贅沢なセットで、家族みんなの笑顔に満ちた幸せなお正月を。

    ¥29,100(税・送料込)

    • 〈予約受付〉12月15日まで
      〈発送目安〉12月24日から順次発送

  • 三段重にズワイガニとタラバガニ、そして丸ごとの毛蟹がついた、贅を尽くしたセレクション。
    大勢で集まる賑やかなお正月に、美味しい思い出をぜひ。

    ¥37,800(税・送料込)

    • 〈予約受付〉12月15日まで
      〈発送目安〉12月24日から順次発送

  • 「フランス人の日常の食事を」がコンセプトの「ル トレトゥール K」。
    料理はシェフが一品一品丁寧に手作り。
    ひと味違ったおせちを選びたい方へ、お正月から本格フレンチを食卓で。
    ※フレンチ惣菜は温めてお皿に盛る必要があります。

    ¥22,700(税・送料込)

    • 〈予約受付〉12月10日まで
      〈発送目安〉12月29日から順次発送

  • 熟練の職人が腕を振るった本格中華料理をお届けする「安曇野厨房」。
    前菜から主菜、箸休めまでをコース仕立てに。
    伝統的な製法を守った、化学調味料不使用の高品質なおせちをぜひご賞味ください。

    ¥12,980(税・送料込)

    • 〈予約受付〉12月10日まで
      〈発送目安〉12月27日から順次発送

  • フレンチをベースにした福井県の欧風食堂「サラマンジェフ」。
    地元産せいこ蟹のテリーヌなど、肉と魚をバランス良く盛り込んだ二段重で幸多き新年のスタートを。

    ¥20,500(税・送料込)

    • 〈予約受付〉12月15日まで
      〈発送目安〉12月29日から順次発送

  • 佐藤弘治料理長の出身地、山形県の食材を活かした四季折々の料理が楽しめる料亭「赤坂あじさい」。
    山形の魅力が詰まった、見目鮮やかな5つのお重を用意しました。

    ¥22,700(税・送料込)

    • 〈予約受付〉12月10日まで
      〈発送目安〉12月26~28日から順次発送

  • 「赤坂あじさい」監修。
    伝統的な和風老りにテリーヌやチーズなど洋風料理を合わせた彩り豊かな和洋折衷のおせちです。
    お子様からご年輩の方までお喜びいただける、心づくしのお重に仕上げました。

    ¥17,300(税・送料込)

    • 〈予約受付〉12月10日まで
      〈発送目安〉12月26~29日から順次発送

  • 寛永年間創業の老舗「京料理 道楽」。
    薄味仕立てで素材の持ち味を活かした、京料理らしい上品な味わいのおせちで年の初めをお祝ください。

    ¥11,050(税・送料込)

    • 〈予約受付〉12月10日まで
      〈発送目安〉12月26~28日から順次発送

  • 和洋折衷の懐石料理が楽しめる上木屋町の「温石 左近太郎」監修。
    和洋取り混ぜた62品目もの多彩な食材が並ぶ、味もボリュームも大満足の逸品です。

    ¥18,400(税・送料込)

    • 〈予約受付〉12月13日まで
      〈発送目安〉12月27日から順次発送

  • 伝統和食をテーマに、江戸の味を取り入れた「皇居外苑楠公レストハウス」の安部憲昭総料理長監修。
    初春のめでたさを盛り上げる、煌びやかなワンランク上のおせちです。

    ¥15,700(税・送料込)

    • 〈予約受付〉12月13日まで
      〈発送目安〉12月27日から順次発送

  • 令和の幕開けに相応しい、伊勢海老やアワビ、蛤など豪華でおめでたいメニューがたっぷり。
    和食文化の普及・啓発に努めている「皇居外苑楠公レストハウス」の味が凝縮されています。

    ¥22,700(税・送料込)

    • 〈予約受付〉12月13日まで
      〈発送目安〉12月27日から順次発送

  • 知っておきたいおせち料理のいわれ

    縁起のいい食材を揃えたおせち料理。
    重箱に詰めるのは「さらに幸せが重なるように」という願いから。
    意外と知らないおせちとお重の関係、少しだけご紹介します。

  • 三段重の場合には、お正月らしい“祝い肴”や甘いお料理が中心の“口取り”を詰めるのが一般的です。おせち料理を代表する“祝い肴三種”は関東では黒豆・田作り・数の子。関西では少々異なり、田作りや黒豆の代わりにたたき牛蒡が加わります。

  • 主に“酢の物”や“焼き物”を詰めるとされているのが弐の重。またメインディッシュとして、縁起のいいブリや鯛、海老などの海の幸を用いたお料理を入れることが多いようです。味や彩りのバランスも考慮し、壱の重に入り切らない具材を詰めることも。

  • 参の重では “煮物”を主役に据えるのが定番と言われています。土の中で根を張ることから「末永い幸せ」を願う意味を持つ根菜類など、山の幸を詰めるのがポイント。様々な食材を鍋で一緒くたに煮ることから、家庭円満を祈願するお煮しめもその一つです。

ご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせください。
カスタマーサポートセンターよりご返答させていただきます。