詳しく探す

価格帯

シチュエーション

ギフトシーン

気分

生産地
北海道・東北

すべてにチェックを入れる

関東

すべてにチェックを入れる

中部

すべてにチェックを入れる

近畿

すべてにチェックを入れる

中国・四国

すべてにチェックを入れる

九州・沖縄

すべてにチェックを入れる

その他(海外)

すべてにチェックを入れる

検索する
除外するアレルギー

すべてにチェックを入れる

検索する
配送温度帯

すべてにチェックを入れる

検索する
オンワード・マルシェ ギフトカタログ

美味しい!ポイント

  • 200年以上の歴史をもつ京菓子司『亀屋良長』。
  • 創業以来愛されてきた漆黒の和菓子「烏羽玉(うばたま)」と、「あづき餅」「菊もなか」の詰合せ。
ギフト対応
ショップ名:亀屋良長

【亀屋良長】京菓子詰合せ

販売価格:
¥3,780(税・送料込)
35ポイント還元
発送目安
5営業日以内に発送いたします。
配送
常温便
ギフトサービス
ギフトラッピング可 のし可
在庫
在庫あり
46人がお気に入り登録中
数量

商品をカートに追加しました。

ショップ割 この商品と一緒に買うとおトク! 【ショップ割】対象商品

対象商品を一緒に買うと【ショップ割】が適用されおトクに購入できます!(同一のお届け先に、同時にお届けの場合のみ適用されます。)

ショップ割とは?

1回のご注文で同じショップの商品を複数ご購入頂く際に、1つの住所にまとめて
お届けすることで、2つ目以降の商品の送料分が割引になります。
下記の条件を全て満たすとショップ割が適用になります。

1.同じショップの
商品を複数購入

2.お届け先住所・
お届け時間が同じ

ショップ割
2点以上購入で2点目以降の価格が ¥3,402に! ショップ割対象商品はこちら
ショップ割とは?

1回のご注文で同じショップの商品を複数ご購入頂く際に、1つの住所にまとめて
お届けすることで、2つ目以降の商品の送料分が割引になります。
下記の条件を全て満たすとショップ割が適用になります。

1.同じショップの
商品を複数購入

2.お届け先住所・
お届け時間が同じ

商品説明

200年以上の歴史をもつ老舗和菓子屋『亀屋良長』で、創業以来愛されてきた漆黒の和菓子「烏羽玉(うばたま)」と、「あづき餅」「菊もなか」の詰合せ。

1803年の創業より代々作り続けられている銘菓「烏羽玉(うばたま)」。京都で愛されている「檜扇(ひおうぎ)」の実を思わせる漆黒の和菓子です。「黒い」の最も古い言葉を「ぬば」、漆黒に濡れた檜扇の実は「ぬばたま」とよび、万葉の古歌にも詠われた風雅な実。「烏羽玉」はここから名付けられました。
黒糖を用いたこし餡の餡玉につややかな寒天をかけ、けしの実を添えました。こし餡に使われる黒糖は、沖縄県波照間島産のものにこだわり、まろやかな味と深いコクの余韻を感じられます。

「あづき餅」は、小豆の煮汁で練りあげた、ふっくら柔らかいお餅。自然な小豆色に染まったお餅に、大粒の小豆を加えました。別添えのきな粉を添えて召し上がってください。「菊もなか」は、中に丹波大納言小豆の粒あんがたっぷりと入った雅な菊の最中です。大粒の豆の味わいがしっかり感じられます。
和菓子好きの方のおもたせに、ぴったりの詰合せです。

烏羽玉6個入り × 2個、あづき餅、菊もなか × 各5個


※お箱の色が変更になる場合がございます。予めご了承ください。

商品情報

名称 【亀屋良長】京菓子詰合せ
内容量又は固形量及び内容総量 商品説明に詳細
原産地 黒砂糖:波照間島(沖縄県)  丹波大納言小豆:京都府
消費期限 烏羽玉、菊もなか 14日 あづき餅 7日
生産地・地域 京都府
原材料名

原材料

・烏羽玉:小豆、黒砂糖、砂糖、還元水飴、寒天、ケシの実、トレハロース  ・あづき餅:砂糖、小豆、餅粉、水飴、きな粉、卵白/トレハロース(一部に卵・大豆を含む)  ・菊もなか:砂糖、丹波大納言小豆、水飴、皮種(糯米)、米飴、寒天

本製品に含まれるアレルギー物質

小麦 そば
含む - - -
落花生 えび かに
- - -
配送方法・配送業者 ヤマト運輸
配送可能温度帯 常温
発送日(目安) 5営業日以内に発送いたします。
保存方法 常温
食品関連事業者の氏名又は名称及び住所
亀屋良長株式会社 京都市下京区四条通油小路西入柏屋町17番、19番合地
製造・加工所の氏名又は名称及び住所
亀屋良長株式会社 京都市下京区四条通油小路西入柏屋町17番、19番合地
品番 S0561_0003
備考

ショップ割 この商品と一緒に買うとおトク! 【ショップ割】対象商品

マルシェレポーターこの商品の紹介記事

マルシェ編集部

マルシェ編集部さん

レポーター

長い歴史を持つ「京菓子」。現在私たちが目にするような形が完成したのは200年以上前、江戸時代後期の文化文政期と言われているそうです。まさにその頃京都の四条に誕生したのが、京菓子司の『亀屋良長』。今回は、その老舗店の京菓子が3種類味わえる「【亀屋良長】京菓子詰合せ」をご紹介します。『亀屋良長』創業当時から作られている代表銘菓がこちら、「烏羽玉(うばたま)」です。寒天のつややかなコーティングの内側は、餡玉の黒一色ですね。一口いただくとプチッした食感とともに表面が割れ、コク深い黒糖の甘味が口中に染み渡っていきます。かなり濃厚な甘さですが、重すぎず品のよい仕上がりです。上にかかっているケシの実もいいア

カスタマーユーザーレビュー

最近チェックしたアイテム

ご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせください。
カスタマーサポートセンターよりご返答させていただきます。