48時間限定!REDCROSSDAY

マルシェレポーター紹介

ロータチバナ

ロータチバナ

料理研究家・メディアプロデューサー

様々な食に関するメディアやイベントなどをプロデュースする傍ら、趣味の料理研究が高じて、2019年に著書「悪魔のレシピ(枻出版社)」発刊とともに料理研究家としての活動もスタート。その他、地方食材を活用したブランディング提案や講演、レストランジャーナリストとしてテレビ出演なども多数。

このマルシェレポーターの新着記事

【赤玉本店】金沢おでん8種

赤玉本店

金沢おでん8種

無性におでんが食べたい夜がある。目の前に立ち上る湯気の形を愛でながら、燗をつけた日本酒をクイッとやりながら。そんな時にはおでん種を買い込んで、いつもより大きな鍋でグツグツとやるのだが、いかんせん、ベースのダシや調味料を変えてみても大体同じ味に行き着いてしまう。いつものおでん種からいつもの出汁がたっぷりと出てくるのだから当然と言えば当然なのだが、毎度これでは正直なところ食傷気味。手軽に自宅と違う味を楽しむにはコンビニおでんも悪くないが、それこそ平均化された“いつもの”味だ。ああ、今まで食べたことがないおでんを食べたい。そんな時にふと思いついたのがお取り寄せ

詳細を見る
【シーボーン昭徳】鯖好きのための鯖セット 8袋入り

シーボーン昭徳

鯖好きのための鯖セット 8袋入り

ついに見つけてしまったかもしれない、最高の塩サバを。ホームパーティやイベントなどで僕が作る料理を食べたことがある人ならば、サバを食材として多用しがちということに気づいているかもしれない。何が言いたいのかというと、サバが好き、大好きだってこと。特に塩サバは一番の好物で、これと温かいごはんがあれば、他は何もいらない。だからこそ、見たこと無い水産加工会社の塩サバを見つけたら必ず買って試すようにしている。感動したのは、伊賀の里でとある秘密の会合に参加した時に、ゲストのひとりが持ってきたノルウェー産のサバ。あの脂と旨味が忘れられない…と思っていたらですよ!それを軽々超え

詳細を見る
【下鴨茶寮】[のまえ]ロースト牛タン

下鴨茶寮

【下鴨茶寮】[のまえ] ロースト牛タン

そのひとは牛タンが好きだった。焼肉に行くと、まずは上タン塩、途中で並タン塩、〆に上タン塩……どんだけ好きなのよ、って頼み方してたっけ。毎月、給料日後の週末は、決まって経堂(東京・世田谷区)にあるレトロだけど抜群に旨い焼肉「明月館」に行ったもんだ。そんなことを、このロースト牛タンが届いた時にふと思い出して、なんだか口の中にほんのり苦味が広がった。京都の『下鴨茶寮』と言えば、押しも押されもせぬほど有名な老舗料亭だ。昔、日本茶の本を作っている時に取材をしたこともある。そんな料亭が作るロースト牛タン、どうしたって気になるじゃないか。まずは冷蔵庫でゆっくりと解凍させたら、何も付けずに

詳細を見る
いくら醤油漬け・ルイべ漬けセット

佐藤水産

いくら醤油漬け・ルイべ漬けセット

僕は生粋のいくらニスタであるからして、常に最高のいくらを探し求めているし、飲食店でいくらが目に入ろうものなら必ず注文している。さすがに襟を正すような店ではいくらばかり頼むわけにもいかないから血の涙を流して我慢しているが、例えば回転寿司に行こうものなら注文の7割方はいくらで埋め尽くされる。子どもか!と失笑混じりのお叱りを受けることもあるけれど、好きなんだから仕方ない。そんな僕が今のところナンバーワンだと思っているのが、佐藤水産のいくら商品。お土産の定番である手まり筋子も同様だが、味付け、絶妙に具合が良いんですよ。もう本当、愛してる。温かいごはんにかけてもいいし、いくらおろしにして

詳細を見る
【倉崎海産】花瑠&花星2本詰

倉崎海産

花瑠&花星2本詰

幼少期、母が晩酌のために買ってあったホタテのオイル漬けをよくくすねて食べていた。酒も飲めない子どものクセに、全くもってナマイキである。それはさておき、無類の貝つまみ好きである僕の目にコレが目にとまらないわけが無い。「花瑠&花星(オイル&オイスター)」。こんなもん旨いに決まっておるわ、と目尻を下げつつも、口の中で味のシミュレーションは完了していた。つまりは予定調和の喜びである。しかし、瓶の蓋を開けてみると想定外の香り高さに面を食らう。だって、もう漬けているオイルが牡蠣そのものを感じさせる香りなんだもの。久々に予想を超えてくる“貝つま”キター!と

詳細を見る

ご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせください。
カスタマーサポートセンターよりご返答させていただきます。