【3rd Anniversary】最大6,000円もお得なキャンペーン実施中

ニュース

2018 . 10 . 18 UPDATE

伊勢参りにかかせないソウルフード!ふわもち食感が特徴の伊勢うどん

三重県伊勢市を中心に食べられている伊勢うどん。江戸時代に浦田町橋本屋七代目である小倉小兵がお蔭参りの参詣客へと供するためにうどん屋を開業したのが、伊勢うどんの最初と言われています。
伊勢うどんは一般的なうどんとは食感も食べ方も異なっており、たまり醤油に鰹節やいりこ、昆布等の出汁を加えた、黒く濃厚なタレを、軟らかく煮た極太の緬に絡めて食べるのが特徴です。タレは非常に濃い色をしているので塩辛い味と誤解されがちですが、甘みが強く後味はまろやか。徹底的にコシをなくした極太麺と濃厚なタレの組合せは、一度食べたら忘れられなくなること間違いなし!

先日オンワード・マルシェにオープンした『イトメン本店』の伊勢うどんは、三重県内産の上質な「あやひかり」という品種の小麦を使用。この小麦は、低アミロース小麦と呼ばれ、加熱すると柔らかくてモチモチとした食感になります。そのためふわふわ・モチモチとした食感が売りの伊勢うどんには相性がぴったり。
古来の手打ち式麺を再現するため、ロールなどで締めずに麺帯をやわらかく練り上げ、生地をねかせて熟成させ、麺の水分をおさえた小麦粉本来の旨みが出るように仕上げています。生地を伸ばす際には、一方向だけでなく、横伸ばしの工程も入れるなど、よりモチモチとした食感出すための独自の工夫を凝らしています。

オンワード・マルシェでは、ギフトにおすすめな亀山みそ焼きうどん」のセットをご用意しています。
江戸時代から愛される味をご自宅ではもちろん、ギフトとしても是非ご利用ください。

ご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせください。