【3rd Anniversary】最大6,000円もお得なキャンペーン実施中

ニュース

2018 . 09 . 20 UPDATE

おかず・おつまみ

実はすごい海苔の健康効果!日本人だからこそ享受できる海苔のパワー

おにぎりやのり巻きなど、私たち日本人には昔から馴染み深い食材「海苔」。
毎日何気なく食している「海苔」ですが、実は多くの栄養素が含まれているのをご存知でしょうか。

まずは、食物繊維。
なんと海苔の約3分の1は食物繊維というから驚き。
海苔の食物繊維は野菜に含まれる食物繊維と違い柔らかく、胃壁や腸壁を傷つけることなく穏やかな整腸作用を促してくれます。またこの細菌による腸内でのビタミン合成にも役立っているともいわれています。
2つ目は、ビタミンC。
美白効果で知られているビタミンC。一般的にビタミンCは熱に弱く、調理すると栄養素が破壊されると言われますが、海苔に含まれているビタミンCは熱に強く、調理をしても栄養素が壊れないのが特徴なのです。
3つ目は、ビタミンB1、B2
海苔約3枚で豚肉肩ロース(薄切り肉約1枚分/30g)にあたるビタミンB1、B2が含まれています。
この量は、成人女性が1日に必要なビタミンB
1、B2の必要量に相当していて、糖質を効率よくエネルギーにかえてくれるので、食欲がない時や疲れやすい時に食べると疲労回復にも効果的。
4つ目は、タンパク質。
タンパク質が豊富な食品としては大豆やお肉類などを思い浮かべる方が多いと思いますが、「海苔」にもかなり豊富なタンパク質が含まれているのです。その量はたった海苔2枚でゆでた大豆約15gに相当するほど!
合わせて「海苔」には強肝作用のあるタウリンも多く含まれているので、海苔を使ったおつまみをお酒の肴にすると、タンパク質が補え、肝臓の働きも高めることができてお酒好きにはうれしい効果が。
5つ目はEPA(イコサペンタエン酸)。
今注目されている栄養素のひとつで、がん予防に効果的と注目されているβ-カロチンやコレステロール値を下げる働きがあります。
悪玉コレステロールを減らしたり、肥満の原因である中性脂肪を減少させる効果もあるといわれるので、生活習慣病予防に最適!
他にもカルシウムや鉄分なども豊富に含まれていますが、さらなるポイントは海苔を分解できる腸内細菌を持っているのが唯一日本人だけということ。まさに日本人だからこそ享受できる海の恵みなのです。

そんな話題の食材「海苔」を知り尽くす、老舗海苔店『竹野海苔』のこだわりの「海苔」がこちら!高知県四万十川産の青海苔のみを使用し、収穫シーズンの初めの一番摘みの柔らかいものを厳選。
添加物は使用しておらず、優しい味わいです。
どうせ食べるなら、より美味しい海苔を食べて、日々の健康維持に役立ててみてはいかがでしょうか?

ご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせください。