【おせち】obi

ニュース

ヘルシーなスープにコシのある麺。飲んだ後のシメにもオフィスのランチにも

やっと暑さが遠のき、朝晩は秋らしい風が吹いてくるようになってきました。そんなときに恋しくなるのが温かな麺。ランチにはもちろん、小腹がすいた時や、飲んだ後のシメにいただく麺は、不思議なくらい胃にスルスルとおさまっていきますよね。

これからの季節にぜひおすすめしたいのが「養々麺・きのこ屋のしょうゆらーめん」のセットです。麺はいずれも国産小麦を使用。細麺ながらしっかりとしたコシがあり、のど越しも抜群なのですが、その理由は機械で製麺するのではなく手延べしているから。
長崎で300年以上の歴史を持つ島原素麺を特殊加工したノンフライ麺なのでとてもヘルシー。これは女性にはとても嬉しいし、罪悪感も感じさせないところがいいですね。

しかもスープは、どちらも化学調味料不使用。
養々麺は、ひと晩水出しした北海道昆布のだし汁のなかに鰹節を入れて合わせだしを作り、さらに特製の「かえし」を加えた和風醤油味。最後まで飲み干したくなる奥深い味です。

きのこ屋のしょうゆらーめんは、鶏ガラと豚骨をベースに、鰹と昆布のだし、さらには魚醤を加えることで深いコクを実現。親しみやすい醤油味でありながら、どこか新しく一度食べたらまた食べたくなるラーメンに仕上げています。

それぞれの袋のなかには、京都の老舗「一休堂」の七味唐辛子や黒胡椒がついていますので、“味変”だってできちゃいます。
軽いのでバッグに入れて会社でランチにするのもおすすめですよ。

↓↓気になるカロリーはこちら↓↓
養々麺:259.9キロカロリー
きのこ屋のしょうゆらーめん:318キロカロリー
(いずれも1袋あたり)

最近チェックしたアイテム

ご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせください。
カスタマーサポートセンターよりご返答させていただきます。