2020.03.16 UP

色とりどりのパスタを家庭で。島原の伝統的な製法でつくる手延べパスタ「ロザリオ南蛮パスタ・ソース付バラエティセット」

「パスタ」と一言で言っても、その種類はなんと650種類以上。パスタの本場イタリアでは、日本でも馴染みの深い「スパゲティ」も、地域によって製法も変わってくるのだとか。今回ご紹介する「ロザリオ南蛮パスタ」も独自の製法で作られた、国産のパスタです。
作っているのは長崎県南島原市にある『本多製麺』。古くから島原の地に伝わる伝統の手延べ素麺やうどんを製造しています。その伝統の製法を用いて、デュラム小麦100%作られたのが「ロザリオ南蛮パスタ」です。デュラム小麦本来の甘さとコク、モチモチ感が特徴のこのパスタ。ありそうでなかった手延べパスタ。早速試してみることに。
「ロザリオ南蛮パスタ」の味は6種類。シンプルな丸麺と平麺の他に、「桑」「紫いも」「トマト」「いかすみ」とバラエティに飛んだ味わいが楽しめます。デュラム小麦のモチモチ感が楽しめますが、調理法は素麺のように手軽。通常のパスタは茹で汁に塩を1%加えるのが基本ですが、こちらはその手間いらず。茹で時間も3~5分と短いので、サクッとできあがるのが嬉しいポイントです。
このセットには、「和風ソース」「中華ソース」「洋風ソース」の3種類がついているので、味付けに悩む心配もありません。野菜や魚介、お肉と好きな具材を揃えれば、簡単に調理することが出来ます。
今回私は「ロザリオ南蛮パスタ」本来の味わいを楽しみたく、まずは平麺と和風ソースを使い、きのこのパスタを作ってみました。
きのこをフライパンで炒め、そこに付属の和風ソースを投入。さっぱりとした醤油ベースのソースで、自分で味を加える必要のないバランスの取れた味わいです。たっぷりのお湯で5分程茹でたパスタを、ソースに加え絡めて完成。茹で時間が短いこともあってか、通常のパスタを作るときよりも簡単に感じました。
驚いたのは、麺のハリとモチモチ感。弾力のある麺は、噛めば噛むほど小麦の味わいが口いっぱいに広がり、きのこの味わいを引き立ててくれました。シンプルな丸麺、平麺は6種類ある麺の中でも、特に旬の食材との相性が良さそうですね。
トマトソースが大好きな私。トマトの味わいいっぱいのパスタが食べたくなり、自分でプッタネスカのソースを作り、「トマト」の麺で楽しむことに。付属のソースを作るよりは手間がかかりますが、食べたいものには敵いませんね。麺から香るトマトの香りと共に、満足いくパスタがいただけました。今度は「イカスミ」を使い、魚介のパスタに挑戦したいと思います。

着色料や保存料を使用せずに作られた「ロザリオ南蛮パスタ」。手作りで自然の風味豊かな万能パスタです。通常のイタリアンのようなパスタを作るのは少し大変。でも、ひと味違ったパスタを家庭でも味わいたい、という方にぜひ試していただきたい逸品です。
ロザリオ南蛮パスタ・ソース付バラエティセット

本多製麺

ロザリオ南蛮パスタ・ソース付バラエティセット

¥5,292(税・送料込)

島原手延べそうめんの製法とデュラム小麦粉100%で作った、これまでありそうでなかった手延パスタ。デュラム小麦の持つ「甘みとコク」もちもち感を最大限に引き出した究極の国産パスタ。丸麺、平麺、桑、パプリカ、紫いも、いかすみのクラフトパスタバラエ...
商品詳細を見る
マルシェ編集部

マルシェ編集部

レポーター

商品をお楽しみいただくイメージがより具体的に膨らむよう、マルシェ編集部のレポーターが実際に商品を購入し、お客さま目線で実食までを本気でレポートします。どのような形で商品が届くのか、そしてどのような調理や下準備が必要なのか、注意点なども含めて分かりやすくお伝えします! みなさまのご購入の参考になるよう、レポートしますので是非お役立てください!

このレポーターの記事一覧

しっとり、ふっくら、優しい甘味。栗が丸ごと一つ入った「大きな栗のしっとりどら」
鹿児島伝統酒と沖縄塩で仕上げた「鯛づくしの一夜干し 5袋入り」
愛媛の太陽の恵み、爽やかな風を感じる「ブラッドオレンジジュース 720ml × 2本」
もっと見る マルシェレポータートップへ戻る

ご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせください。
カスタマーサポートセンターよりご返答させていただきます。