2019.12.12 UP

香り高いトリュフがシンプルなプリンにマッチ「魅惑のトリュフプリン 6個入り」

キャビアやフォアグラと並んで世界三大珍味に数えられるトリュフ。黒いダイヤとも呼ばれるキノコの一種で、人工栽培の難しさや収穫時期の短さ、見つけることの難しさなどから、希少価値が高い高級食材としても知られています。
フレンチやイタリアンで使われることが多い食材ですが、食べる機会は少ないですよね。そんな希少なトリュフを使ったスイーツをオンワード・マルシェで発見しました。それが、「魅惑のトリュフプリン 6個入り」です。
「魅惑のトリュフプリン」のポイントは、トリュフを使っているだけではありません。販売しているのは、東麻布のフレンチレストラン『le traiteur K』。こちらの、フレンチの料理人として長い経験を持つ梅林克哉シェフが手掛けています。日頃からフランス料理でトリュフを使い慣れているシェフが考案した逸品、美味しくないはずがありませんね。期待値が上がります。

届いた箱を開けてみると、プリンはキャラメルソースが別添え。ソースのボトルを見てみると、刻んだトリュフが入っていました。香りだけだと思っていたので、ラッキーな気持ちに。
キャラメルソースは多めなので、様子を見ながらかけます。ソースをかけると、トリュフの香りがすごい! 刻んだトリュフと、トリュフソースによる独特の芳醇な香りが広がります。スプーンを入れると、プリンは硬め。この昔ながらの食感が梅林シェフのこだわりなのだとか。口に含むとトリュフの香りが鼻から抜け、なんともリッチな気分に。プリンは素朴な甘さで、伝統的な製法で作られたキャラメルの香ばしく濃厚な味わいがします。プリンがあっさりとしているので、トリュフの香りやソースの味わいとバランスが良いと感じました。
ソースをかけずにプリンだけ食べてみても、やはりトリュフの風味を感じます。プリン生地にも香りが付いているのですね。トリュフがふんだんに使われていて、なんとも贅沢です。
「魅惑のトリュフプリン」をおやつにいただきたいところですが、コーヒーなどの香りが強すぎるものを合わせるのはもったいない。とはいえ、水を合わせるのは寂しいですよね。そこで考えついたのが、ワイン。トリュフはワインとの相性も良く、香りが強すぎないので合いそうです。まだまだプリンは残っているので、よく冷えた白ワインを用意して試してみようと思います。

自分へのご褒美にぴったりの「魅惑のトリュフプリン」。トリュフとプリン、キャラメルソースが織りなす味わいは唯一無二で、グルメな方へ手土産や、おもてなしにもオススメです。
魅惑のトリュフプリン 6個入り

le traiteur K

魅惑のトリュフプリン 6個入り

¥4,698(税・送料込)

世界三大珍味として知られるトリュフ。独特の高級感あふれる香りが、世界中の食通に愛されている超高級食材です。そんな稀少な食材を使ったスイーツができました!手がけたのは、フレンチの料理人として長い経験を持つ梅林克也シェフ。料理に使うことが多いト...
商品詳細を見る
マルシェ編集部

マルシェ編集部

レポーター

商品をお楽しみいただくイメージがより具体的に膨らむよう、マルシェ編集部のレポーターが実際に商品を購入し、お客さま目線で実食までを本気でレポートします。どのような形で商品が届くのか、そしてどのような調理や下準備が必要なのか、注意点なども含めて分かりやすくお伝えします! みなさまのご購入の参考になるよう、レポートしますので是非お役立てください!

このレポーターの記事一覧

忙しい人の救世主!簡単で手間いらずの揚げ物「おうちで揚げないコロッケとメンチカツ」
北海道の豊かな食材をスイーツに!「フルーツのレアチーズケーキとキャラメルケーキセット」
本場仕込みの味を気軽に食卓で!鮎だしのポン酢と塩で食べる「藁焼きトロカツオのたたき1本入」
もっと見る マルシェレポータートップへ戻る

ご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせください。
カスタマーサポートセンターよりご返答させていただきます。