2021.01.07 UP

おつまみにお料理にと万能な、三陸の魚介の魅力を瓶詰めした「魚介のアヒージョ4種入ギフトBOX」

宮城県女川町は、三陸海岸の南部に位置する海に面した町。三陸海岸は黒潮と親潮がぶつかる海流で、様々な魚が水揚げされる世界第三漁場の一つとしても知られています。特に、三陸海岸南部のリアス式海岸はプランクトンが豊富で、貝類や海藻類の養殖も盛んなのだとか。
今回はその女川町で製造されている『株式会社 鮮冷』の「魚介のアヒージョ」をオンワード・マルシェでお取り寄せしました。三陸の海の幸4種をそれぞれ素材に合わせて味付けし、瓶詰めしたアヒージョの詰め合わせです。
旨味の凝縮された牡蠣にニンニクの香りをつけオリーブオイルで煮込んだ「三陸かき」、ネギ塩風味がクセになる「三陸たこ」、ドライトマトと合わせた「三陸ほや」とタイムの香りを効かせた「プリプリほたて」の4種。どれもおつまみに最適な味付け。届いた当日、早速晩酌のお供に登場です。
『株式会社 鮮冷』は女川町の海の幸を業務用や小売用など幅広い商品に加工する会社です。女川町に工場を持ち、水揚げから加工までを短い時間で行えるため、素材の新鮮さを活かした商品を製造することができます。
「魚介のアヒージョ」は、そのまま食べるのはもちろん、少し温め、熱々のアヒージョとしてパンと一緒に楽しむこともできます。さらに、一つひとつにアレンジレシピが付いているので、毎日飽きずに楽しめるのも嬉しいポイント。残ったオイルは酢やポン酢を加えてドレッシングにできるので、最後の最後まで余すことなく堪能できます。
私がアレンジしたのは「プリプリほたて」を使った「帆立とグレープフルーツのマリネ」。グレープフルーツの果肉をひと口大にカットし、わかめと「プリプリほたて」を混ぜるだけ。瓶の中のオイルと、レモン汁を少し垂らせばもう出来上がりです。タイムの香りを効かせ、ニンニクや唐辛子でアクセントを加えたオイルに漬け込んであるため、自分での味付けは不要です。帆立自体の身もプリプリと弾力があり、新鮮さが伝わります。驚くほど簡単なのに、見た目は高級なイタリアンのような仕上がりに。これなら自信を持って食卓に並べられますね。ひと口味見をした後、これっきゃない! と冷蔵庫から白ワインを取り出してしまいました。
次に挑戦したのは「三陸ほやと彩り野菜のオリーブオイル煮」です。キャベツ、ズッキーニ、パプリカをオリーブオイルと「三陸ほや」のオイルで煮込み、最後にほやを加えて混ぜ合わせます。塩コショウで味を整え、レモン汁を絞れば出来上あがり。これまたあっという間に最高のおつまみが仕上がりました。ボリュームも出て野菜もたっぷり食べられるので、体も心も大満足ですね。

三陸の新鮮な魚介の旨味を味わいながらも、こんなにも使い道がある加工品は他にはなかなかないのではないでしょうか。パスタに加えてみたり、サラダにしたり、オイルを別の料理に使ったりと、考え出すとキリがありません。
一箱あれば、食卓をより華やかにしてくれますよ。特にビールやワイン好きの方にはオススメしたいですね。また私の冷蔵庫のストックリストが増えてしまいそうです。
魚介のアヒージョ4種入ギフトBOX(かき・たこ・ほや・ほたて)

三陸女川 鮮冷

魚介のアヒージョ4種入ギフトBOX(かき・たこ・ほや・ほたて)

¥4,374(税・送料込)

三陸かき・三陸たこ・三陸ほや・プリプリほたての4種の海の幸が楽しめるアヒージョです。黒潮と親潮がぶつかり合う、世界三大漁場の1つとして数えられている三陸の海。そのすぐそばにある女川(おながわ)の工場で作っているアヒージョは、水揚げから加工ま...
商品詳細を見る
マルシェ編集部

マルシェ編集部

レポーター

商品をお楽しみいただくイメージがより具体的に膨らむよう、マルシェ編集部のレポーターが実際に商品を購入し、お客さま目線で実食までを本気でレポートします。どのような形で商品が届くのか、そしてどのような調理や下準備が必要なのか、注意点なども含めて分かりやすくお伝えします! みなさまのご購入の参考になるよう、レポートしますので是非お役立てください!

このレポーターの記事一覧

かけるだけで食材の味を引き立たせる魔法のオイル「EAT!OIL 5種セット」
上品な味付けのちまきをおにぎりサイズで楽しめる「タイ・タコ・穴子の笹ちまき 3種×4個セット」
つるつるの喉越しと独特の食感!一度食べると、クセになる「こんにゃくそば10把入り」
もっと見る マルシェレポータートップへ戻る

ご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせください。
カスタマーサポートセンターよりご返答させていただきます。