2020.01.06 UP

上品な味付けのちまきをおにぎりサイズで楽しめる「タイ・タコ・穴子の笹ちまき 3種×4個セット」

前回注文した「鰻の笹ちまき12個入」があまりにも美味しくて、再び『竹千寿』で気になる商品をお取り寄せしてしまいました。それが今回紹介する「タイ・タコ・穴子の笹ちまき 3種×4個セット」になります。

『竹千寿』は九州の福岡県に拠点を置くちまき専門店。店名にあるとおり、竹を使った「竹ちまき」の他、おにぎりサイズのちまきを笹の葉で包んだ「笹ちまき」なども手掛けています。地元九州の食材を使用することにこだわり、使われているもち米はもちろん九州産。今回の商品のメイン食材である鯛・タコ・穴子もすべて福岡県宗像産という徹底ぶりです。
届いた箱を早速開けると、前回と同様に小分けにされた笹ちまきが現れました。冷凍状態で届くこちらの商品は、そのままレンジでチンするだけで食べられるのが嬉しいポイント。所要時間は1個につき約1分30秒。個包装のパッケージから凍った笹ちまきを取り出して、大皿に乗せたらラップをかけてレンジに入れます。

扉を開けると、笹の葉の香りが中から溢れてきました。これだけで食欲がそそられてしまいますね。結ばれている紐を解いて笹の葉をめくると、艶めくちまきが登場しました。いつ見ても美味しそうです。

ただし、前回は大ぶりの鰻がちまきの上に溢れんばかりにのっていたのですが、今回はメインの具材が見当たりません。果たして、どんな味なのでしょうか?
まずは穴子をつまんでひと口。醤油、砂糖、みりんによるタレの味が絶妙で、辛すぎず、甘すぎず、上品な味付けが口中に広がります。肝心の穴子はフワフワした食感で、臭みがなく、淡白な身にタレの味が染み込んで、これは美味い! おにぎりサイズなので、ペロリといただいてしまいました。

続いてはタコをいただきます。こちらは昆布出汁にショウガの風味を効かせた繊細な味わい。タコの身は小さいですが、もち米の粘り気ある食感の中に、弾力ある歯応えがしっかりとアクセントになっています。醤油を垂らして、少し焼き目を付けて食べても美味しいかもしれないですね。
最後に、鯛はお茶漬けにしてみました。刻んだ青葉と海苔をのせて、白ゴマを散らしてから出汁スープを注ぎ、アクセントにわさびも加えて、鯛ちまきを崩しながら口の中に運びます。まずは青葉の爽やかな風味、次に海苔の磯の香り、そしてゴマの食感を楽しんだ後に、出汁を吸い込んだ鯛がしっかりと口中で主張してきました。身からは噛むたびに鯛本来の甘味が染み出してきます。

やはり『竹千寿』の商品に間違いはありません。今回いただいた「タイ・タコ・穴子の笹ちまき」も、紛れもない逸品。小腹が空いた時、疲れて帰ってきた時の夜食に、もちろんギフトにしても最適です。次は何を頼もうか、今から考えるのが楽しみです。
タイ・タコ・穴子の笹ちまき 3種×4個セット

竹千寿

タイ・タコ・穴子の笹ちまき 3種×4個セット

¥4,719(税・送料込)

食べきりサイズが人気の『竹千寿』笹ちまきに、特別セットができました!地元の宗像漁港とのコラボで生まれたちまきは、穴子、鯛、たこの3種類。それぞれの食材に合わせた味付けをしています。おむすび状で食べやすく、うどんやお蕎麦との相性がよいので、少...
商品詳細を見る
マルシェ編集部

マルシェ編集部

レポーター

商品をお楽しみいただくイメージがより具体的に膨らむよう、マルシェ編集部のレポーターが実際に商品を購入し、お客さま目線で実食までを本気でレポートします。どのような形で商品が届くのか、そしてどのような調理や下準備が必要なのか、注意点なども含めて分かりやすくお伝えします! みなさまのご購入の参考になるよう、レポートしますので是非お役立てください!

このレポーターの記事一覧

忙しい人の救世主!簡単で手間いらずの揚げ物「おうちで揚げないコロッケとメンチカツ」
北海道の豊かな食材をスイーツに!「フルーツのレアチーズケーキとキャラメルケーキセット」
本場仕込みの味を気軽に食卓で!鮎だしのポン酢と塩で食べる「藁焼きトロカツオのたたき1本入」
もっと見る マルシェレポータートップへ戻る

ご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせください。
カスタマーサポートセンターよりご返答させていただきます。