2020.01.16 UP

ハレの日のご馳走に!脂乗りの良い、身が締まった鯖を堪能する「3種の鯖棒寿司食べ比べセット(梅)」

ここ数年、鯖は日本の食文化の中で注目を集めています。ぐるなび総研が世相を反映した食として2018年の「今年の一皿」に鯖を選び、クックパッドの「食トレンド大賞2018」では鯖缶が受賞したことは記憶に新しいところです。

人気急上昇中の鯖ですが、室町時代から日本人には馴染みの食材でした。しかし、生で食べることはほとんどなかったようです。鯖は傷みやすく、中毒を起こしやすいという理由からでした。そこで考案された食べ方が「棒寿司」です。一塩ものの鯖を数時間酢に漬けてから酢飯の上に乗せて、布巾や巻き簾で形を整えたものを「棒寿司」と言います。ちなみによく似たものとして「バッテラ」がありますが、こちらは鯖の上に昆布をのせて、巻き簾ではなく長方体状の木枠に詰めて作る寿司のことを言います。
今回は「3種の鯖棒寿司食べ比べセット(梅)」をご紹介します。
「3種の鯖棒寿司食べ比べセット」は、奈良県で寿司物販店を営む『うめもり』の人気商品です。「旬鯖棒寿司」「焼鯖棒寿司」「梅酢炙り鯖棒寿司」を食べ比べることができます。
『うめもり』自慢のこだわりのシャリには、「コシヒカリ」や「ひとめぼれ」のルーツとされる「岡山あさひ」という岡山県でのみ生産されている希少な米を使っています。冷めてもパサつくことがないので棒寿司に最適です。それから、どの棒寿司にもシャリにはわさびの茎を混ぜ込んであり、その香りが良いアクセントとなっています。
「旬鯖棒寿司」に使われている鯖は、五島から対馬海域で10月~2月の期間でしか獲れない旬鯖(ときさば)を贅沢に使っています。肉厚な食感でほのかに甘く、シャリとの相性が抜群です。
和歌山県沖で獲れた鯖を特製味噌に漬け込んで焼き上げた「焼鯖棒寿司」は、香ばしさが後を引く美味しさ。鯖が苦手な方でも食べやすい味わいになっています。
一方「梅酢炙り鯖棒寿司」は、『うめもり』特製の梅酢でしめた鯖を炙って仕上げたものです。他の2つに比べると少々酸味が強く感じられますが、香りの良い梅酢の味わいが際立っています。
「3種の鯖棒寿司食べ比べセット」は、解凍するだけで食べられるという手軽さと便利さも嬉しいポイントです。付け合わせにお吸い物、煮物や冷奴などを加えれば立派な献立になります。それに、鯖棒寿司は昔から全国各地でお祭りやお祝いの日の料理として食べる習慣があるとのこと。お皿に並べるだけでも豪華な雰囲気になりますし、ご家庭のハレの日の献立に加えてみてはいかがでしょう? この手軽さで食卓を贅沢に彩ることができる鯖棒寿司は、忙しい主婦の強い味方になってくれること請け合いです。
3種の鯖棒寿司食べ比べセット(梅)

うめもり

3種の鯖棒寿司食べ比べセット(梅)

¥4,914(税・送料込)

世界一お客様に喜んでいただくをスローガンに、奈良県内に5店舗の寿司物販店を営む『うめもり』。色鮮やかな手毬寿しを中心に、四季折々の食材を使用した御寿しを全国にお届けしています。こちらの商品は数ある『うめもり』の商品の中でも、人気の棒寿司「旬...
商品詳細を見る
マルシェ編集部

マルシェ編集部

レポーター

商品をお楽しみいただくイメージがより具体的に膨らむよう、マルシェ編集部のレポーターが実際に商品を購入し、お客さま目線で実食までを本気でレポートします。どのような形で商品が届くのか、そしてどのような調理や下準備が必要なのか、注意点なども含めて分かりやすくお伝えします! みなさまのご購入の参考になるよう、レポートしますので是非お役立てください!

このレポーターの記事一覧

忙しい人の救世主!簡単で手間いらずの揚げ物「おうちで揚げないコロッケとメンチカツ」
北海道の豊かな食材をスイーツに!「フルーツのレアチーズケーキとキャラメルケーキセット」
本場仕込みの味を気軽に食卓で!鮎だしのポン酢と塩で食べる「藁焼きトロカツオのたたき1本入」
もっと見る マルシェレポータートップへ戻る

ご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせください。
カスタマーサポートセンターよりご返答させていただきます。