2020.06.23 UP

創業160年。京都の老舗お茶屋が作る、香り高い本格スイーツ「ほうじ茶シュークリーム 6個入」

今回お取り寄せしたのは、創業160年以上という歴史ある京都の老舗お茶屋、『今村芳翠園本舗』の「ほうじ茶シュークリーム 6個入」です。
製造元の『今村芳翠園』は、創業した嘉永2年(1849年)から、代々茶業一筋で宇治茶の販売をし、日本一の玉露として有名な飯岡の玉露も取り扱っています。茶舗の地下にある昔ながらのレンガ造り倉庫は、夏でもひんやりして冷房が要らないほど。それが老舗のこだわりのひとつ。自慢のお茶の葉を劣化させない秘訣なのだとか。

そんな茶舗の7代目が、年々お茶の消費量が減っているため、スイーツとして商品を販売することでお茶の消費量を減らさないようにできたらと考案したスイーツのひとつが、こちらの「ほうじ茶シュークリーム」です。
ほうじ茶は、煎茶や番茶を強火で焙じて香ばしい香りを引き出したお茶のことです。このほうじ茶を使ってスイーツにしました。

「ほうじ茶シュークリーム」は、香り高いほうじ茶が食欲をそそります。甘いものが苦手な男性でもぺろりと最後まで食べて貰える控えめな甘さのクリームをメインに、しっとりしたシュー生地がお茶やコーヒー、紅茶と相性の良いスイーツになっています。
「ほうじ茶シュークリーム」は冷凍で届くので、夏はシューアイスとしてそのままでも食べられます。
 通常は商品を受け取り後に冷蔵庫に入れて、約10時間程度ゆっくり解凍することをオススメしていますが、好みの状態で食べられるのも魅力ですね。
 それから、箱をあけた時に予想より大きめのサイズなシュークリームだなぁとは思っていたのですが、実際手のひらに乗せてみると、はみ出すほどのサイズでした。これは食べ応えがありますね!
ほうじ茶クリームは甘さ控えめなので、もうちょっと甘味が欲しい私は、こしあんの串団子をクリームに挟んで、簡単にアレンジしてみました。
すると、甘党な私にぴったりな味になりました。特にもちもちしたお団子の食感を感じながら、なめらかなクリームが混ざるので、ひと味もふた味も異なるスイーツに変化! シュークリームだということを忘れて、まるで違うスイーツを食べているかのような感覚です。
 
「ほうじ茶シュークリーム」は6個入りなので、甘いものが苦手な父親とシュークリーム好きな母親、兄妹にもプレゼントしたら喜ぶだろうな~と、離れて暮らす家族の笑顔が浮かびました。
ほうじ茶シュークリーム 6個入

今村芳翠園本舗

ほうじ茶シュークリーム 6個入

¥2,970(税・送料込)

嘉永2年創業、160年以上の歴史を誇る京都の老舗お茶屋が作った本格ほうじ茶スイーツです。絶妙な甘さのほうじ茶シュークリームは、ひとくち食べるとほうじ茶の香ばしさが口いっぱいに拡がります。クリームはまさにほうじ茶そのもの。クリームの甘さとシュ...
商品詳細を見る
マルシェ編集部

マルシェ編集部

レポーター

商品をお楽しみいただくイメージがより具体的に膨らむよう、マルシェ編集部のレポーターが実際に商品を購入し、お客さま目線で実食までを本気でレポートします。どのような形で商品が届くのか、そしてどのような調理や下準備が必要なのか、注意点なども含めて分かりやすくお伝えします! みなさまのご購入の参考になるよう、レポートしますので是非お役立てください!

このレポーターの記事一覧

調理も簡単!幻の蟹の美味しさがギュッと詰まった「クラブケーキ 3個入×3セット」
センスの光る和洋折衷スイーツ!福を運んでくれる「フクロウのフロランタン」
ジューシーで柔らかい豚肉を3種の味で堪能する「あとは焼くだけ! そらくもポークの味噌漬3種セット」
もっと見る マルシェレポータートップへ戻る

ご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせください。
カスタマーサポートセンターよりご返答させていただきます。