友達紹介キャンペーン開始

2019.05.19 UP

イカ×カレーの意外な最強コンビ!食べるとまるでシーフードカレーな「金沢カレーいかまんま(甘口・辛口各2個入り)」

“組み合わせの妙”が生み出す美味しさと言えば、あなたは何を思い出しますか? 意外な組み合わせであればあるほど、クセになるような味わいだったりしますよね。そんな"組み合わせの妙”がキラリと光るのが、この「金沢カレーいかまんま(甘口・辛口各2個入)」。
なんと、とあるテレビ番組の企画で“意外な組み合わせが美味しいご当地グルメ”ランキングの1位にも輝いたことも。話題の一品を試してみたいというミーハー心が抑えきれず、オンワード・マルシェで注文してみました。

このひょうきんなパッケージから意外に感じるかもしれませんが、「いかまんま」を販売する『銭福屋』は伝統ある加賀の名産を販売している地元で有名なお店。ホームページを見ると、かぶら寿司やへしこなど、加賀・能登の海の幸を堪能できる商品がズラリと並びます。
そんな中、異彩を放つ「金沢カレーいかまんま」。『銭福屋』のご主人が、お子さんの食べ残しのカレーをイカに詰めて、自家製のタレで煮込んでみたら美味しかった! という偶然から生まれたそうです。それを地元の方に振舞ったところ評判を呼び、商品化されました。
どんな味わいなのか、楽しみでなりません。真空パックに入っているので湯煎でも温められますが、やはりイカは焼きたい! と思いフライパンで温めてみることに。すぐにイカとカレーの香ばしい匂いが漂ってきました。
甘口・辛口の2種類ありますが、まずは甘口をパクリ。なるほど、こういう味だったのか! 一言で表すならば“箸でつまめるシーフードカレー”と言ったところです。イカの旨味とカレー味がお互いを上手に引き立て合っています。
金沢カレーの味わいもさることながら、私が驚いたのはイカの美味しさです。このイカが美味しさの鍵だと感じました。「金沢カレーいかまんま」に使用されているスルメイカは能登の漁港で水揚げされたものですが、船上で捕れた直後に急速冷凍しているそう。“船凍イカ”とも呼ばれているスルメイカの新鮮な味わいが、「金沢カレーいかまんま」の味に深みを与えています。さすが加賀・能登の海の幸を扱う『銭福屋』ならではの一品ですね。
お店のオススメのアレンジはスクランブルエッグ添えやバター焼き。その中でも気になったチーズのトッピングを試してみました。辛口のいかまんまにとろけるチーズを載せてトースターに入れると、あっという間にビールにピッタリのおつまみが完成! この組み合わせは、昼間からビールが飲みたくなるので要注意です。

美味しさだけでなく、これ一品でお腹がいっぱいになる手軽さも嬉しいポイント。ご飯を別に用意するのが面倒な時も、これなら便利です。常備しておけば、おつまみに、おかずに、お子さんのお弁当に、忙しいときの救世主になってくれる「金沢カレーいかまんま」。雑誌、新聞、テレビから引っ張りだこになる理由が分かった気がします。
金沢カレーいかまんま(甘口・辛口各2個入り)

錢福屋

金沢カレーいかまんま(甘口・辛口各2個入り)

¥4,590(税・送料込)

国産のするめいかの中に加賀産の米とともに金沢カレーを詰め込み甘辛醤油タレで煮たスパイシーないかめしです。甘口は小人から大人まで楽しめるマイルドな味、辛口はチリソースがピリリと効いた大人向けの味です。<美味しい食べ方>温めてお召し上がりくださ...
商品詳細を見る
マルシェ編集部

マルシェ編集部

レポーター

商品をお楽しみいただくイメージがより具体的に膨らむよう、マルシェ編集部のレポーターが実際に商品を購入し、お客さま目線で実食までを本気でレポートします。どのような形で商品が届くのか、そしてどのような調理や下準備が必要なのか、注意点なども含めて分かりやすくお伝えします! みなさまのご購入の参考になるよう、レポートしますので是非お役立てください!

このレポーターの記事一覧

クリーミーなとろとろ湯葉に身も心もとろけそう!「とろ湯葉・湯葉おぼろセット」
深いコクと芳醇な味わいを堪能できる『ホテルニューオータニ 東京』の「SATSUKI コーヒーゼリー」
半世紀以上に渡り愛されるインド料理の名店の味を自宅で「【AJANTA】 タンドーリ チキン&チキン ティッカ&シュリンプ ティッカ」
もっと見る マルシェレポータートップへ戻る

ご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせください。
カスタマーサポートセンターよりご返答させていただきます。