お中元早割キャンペーン10%OFF

2018.05.03 UP

あいち鴨鍋ギフト

マッキー牧元
達人

マッキー牧元

タベアルキスト

OWM0029352

今夜は、鴨しゃぶパーティーである。用意するものは、「本鴨しゃぶセット」に、ネギ、ナメコ、芹と豆腐におろし生姜をそろえておく。
ネギは5センチの長さの丸太切り、芹は食べやすい大きさでいいが、3?4本は細かい小口切りにしておく。
まずテフロンのフライパンでネギに焼き目を付ける。
この香ばしさがネギを一層美味しくさせ、中の甘いおねばも際立たせる。鍋にスープを入れて温めたら、ネギとつくね、そしてなめこを入れる。それぞれに火が通ったら、芹を投入し、少し火を弱めて、鴨肉を各自一枚ずつとっては、鍋の中をくぐらせる。そしてスープと野菜類やナメコを小鉢にとって一緒に食べるのである。

写真は、何枚も鴨肉を入れた写真を撮ったが、実際は70?80度に鍋の温度を保ちながら、鴨肉を入れるのがいい。目安としては鍋つゆが鍋の縁で、少し泡立ち沸騰し始めたかなというぐらいである。また大切なことは「しゃぶしゃぶ」というと、大抵普通の人は鍋つゆの中で激しく肉を動かすが、あれではいけない。鍋つゆに鴨のエキスが流れ出てしまう。だから箸で鴨肉の薄切りを挟んだら、鍋つゆに入れて動かさない。
箸で挟んだまま、横たえるようにしてしばし待つ。その間5秒くらいだろうか、まだほんのり赤く、色が変わり始めたなと思ったら直ちに引き上げ食べるのである。こうすると肉が固くならず、滋味がたっぷりで、かついくらでも食べられてしまうのである。鴨肉の鉄分の旨味に芹の香り、なめこの独特の食感、ネギの甘みが入り混じって、これはぬる燗が恋しくなる。
薬味なら七味もいいが柚子胡椒やかんずりもおすすめである。
時折つくねも食べ、鍋の中盤で豆腐を投入し変化をはかる。

さあ鍋の締めはどうするか?

ここでオススメしたいのが、そばである。市販の乾麺でいい。固めに茹でて用意する(入念に用意するなら茹でて一旦冷水で締め、そのあとそばのゆで汁をもう一度潜らせる)
茹でたそばを鍋に投入し、おろし生姜とセリの小口切りを薬味にして、鴨南蛮である。

ハハ。これはうまい。

つくねを少し残しておいて一緒に食べてもいいだろう。これから暑くなるのに鍋なんてと思うかもしれないが、クーラーを効かした部屋でフーフーいいながら食べる、鴨しゃぶや鴨南蛮は、忘れ得ぬパーティーとなるはずである。

あいち鴨鍋ギフト

創業80年 肉の王様 鳥市精肉店

あいち鴨鍋ギフト

¥5,670(税・送料込)

1日最大70羽しか生産されていない希少なブランド合鴨「あいち鴨」の鍋商品となります。あいち鴨のガラで出汁をとった鍋つゆを使用。お好みの野菜を加えるだけで、御家庭で本格的な鴨鍋を楽しめます。お鍋を楽しんだ後には別途お蕎麦をご用意して頂き、鴨の...
商品詳細を見る
マッキー牧元
達人

マッキー牧元

タベアルキスト

1955年東京出身。立教大学卒。(株)味の手帖 取締役編集顧問。タベアルキスト。立ち食いそばから割烹、フレンチからエスニック、スィーツから居酒屋まで、日々飲み食べ歩き、雑誌寄稿、ラジオ、テレビ出演など行う。「味の手帖」「銀座百店」「おとなの週末」「食楽」他、連載多数。著書に「東京 食のお作法」文芸春秋刊、「間違いだらけの鍋奉行」講談社刊、「ポテサラ酒場」辰巳出版(監修)「出世酒場 ビジネスの極意は酒場で盗め」(集英社)ほか。

このレポーターの記事一覧

黒毛和牛柚子香漬けローストビーフ

杉本食肉産業

黒毛和牛柚子香漬けローストビーフ

ローストビーフを包んでいた袋を破った瞬間、柚子が香った。マリネ液で、てれんと輝くローストビーフが艶かしい。早速薄く切った。しかし、ただ薄く切ったのではない。1ミリほどと5ミリほどに分けて切ってみる。こうして切れば、食べ進むのが楽しいじゃありませんか。クレソンとキャロットラペを従えて、ローストビーフを横たえる。まず素のままで食べてみよう。しなやかな肉に歯が包まれると、肉の香りが立ってエキスが舌に溢れ出す。ゆっくり噛んでいくと、またふっと柚子の香りが立って鼻に抜けていく。この塩梅がいい。後ろのそっと控えている、柚子の香りがいい。さあ次の一枚は、わさびを中に包んで食べてみよう。それもまた、わさびの刺

詳細を見る
【千年鮭 きっかわ】鮭の生ハム 3枚化粧箱入

千年鮭 きっかわ

鮭の生ハム 3枚箱入

今朝の朝ご飯は「きっかわ」の鮭の生ハムで攻めた。炊きたてのご飯を用意して、鮭生ハムを一枚食べては、ご飯を描き込む。次に、ご飯を生ハムで巻いて食べる。 ああ止まりません。 生ハムのしなやかな身が、ご飯に甘えるようにしなだれて、唇を通過する時の感触が、なんとも優しい。いつもの焼き塩鮭とは違う、熟れた丸い塩気が酒の滋味や脂の甘みと自然に馴染んで、エレガントが生まれる。生ハムに抱かれた熱々のご飯が嬉しそうにしている。だから巻く手が、口に運ぶ手が止まりません。さらに寿司風に握ってもみた。ああこれもいけませんね。もう一貫もう一貫と、ますます握りたくなってしまう。 よし。最後は茶漬けといってみよう。

詳細を見る
つるしベーコン

スモークハウスファイン

つるしベーコン

長い。55㎝ある堂々たる姿である。袋を破ると、あたりに香ばしい燻香が漂った。「塊で食べてね」。そうベーコンが言っているので、厚めの拍子切りにし、弱火でじっくり炒めてから、ニンニク薄切りと椎茸細切り、シメジを投入し、白ワインを振り入れて、茹で上がったスパゲッティーニと手早く和えた。上から黒胡椒を挽いたら、すぐ食べろ。スパゲッティーニがプツンと弾けた端からベーコンが歯に食い込む。塩気が広がり、肉に歯が入る。グッと力を入れれば脂が甘い香りを放ちながら溶け、燻香が鼻に抜けて食欲を鷲づかむ。キノコもこんな凛々しいベーコンと出会って嬉しそうで、いつもより生き生きとしている。フォークを運ぶ手が止まらない。4

詳細を見る
もっと見る マルシェレポータートップへ戻る

ご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせください。
カスタマーサポートセンターよりご返答させていただきます。