人気フレンチ・ビストロのシェフによるお菓子が評判に

「AU GAMIN DE TOKIO(オー・ギャマン・ド・トキオ)」は、恵比寿のフレンチ・ビストロのほか、気軽に利用できるイタリアンカフェや、ワインの品揃え豊富なカーヴなど、様々な業態を全7店舗展開する人気レストランです。
「ギャマン」とは「いたずら小僧」の意味で、その名のとおり、オーナーの木下威征(きのした たけまさ)シェフの考案するお料理は、遊び心満載。オープンキッチンスタイルをベースに、ライブ感に富んだメニューを提供し、食後のデザートはもちろん、カフェでいただけるパンケーキなども評判です。
2016年4月、新宿駅新南口の商業施設「NEWoMan」(ニュウマン)内に、菓子販売のブティックがオープン。料理人が発信するお菓子が話題となりました。2016年冬には、三軒茶屋の路地奥にパティスリー&ベーカリーもオープン。住宅街の中の知る人ぞ知る名店として、お客様に支持されています。そんな木下シェフのお菓子やパンで注目したいのは、料理人ならではの感性です。

料理人の感性から誕生。ワインとも相性抜群の大人向けスイーツ

たとえば、お店のスペシャリテの料理をお菓子に表現した「とうもろこしのムースサンド」をお試しあれ。
まろやかなコクのあるとうもろこしのムースをサンドするのは、コーンフレイクを混ぜ、サクッほろっとした食感のクッキー生地。お酒とも相性がよく、ワイン会の手土産などに人気だそうです。冷凍で届くので、半解凍ならばサクッと、完全に解凍していればなめらかな、それぞれ異なる食感が楽しめます。
「プレミアムチーズケーキ」も、ワインとの相性抜群!香ばしいタルト生地の土台に、フランス産チーズを贅沢に使用した、程良い甘さとコクのベイクドチーズケーキです。まるで本物のチーズのようなパッケージも楽しいサプライズ。あまり甘いものを召し上がらない男性の方にもおすすめしたい商品です。
そして、今回なんと、「オンワード・マルシェ」限定の焼き菓子ボックス2種類が登場。その中身を選ばせていただきました。

オンワード・マルシェ限定の焼き菓子セレクトボックスが登場!

一つは、お酒のお供にもぴったりのアソート。「トリュフ薫るバターケック」は、木下シェフのスペシャリテ「トリュフのふわふわスフレオムレツ」と同じトリュフ蜂蜜と塩トリュフを贅沢に使用。ほのかに甘じょっぱく、レンジで少し温めると、トリュフオイルが芳醇に薫り立ちます。「ポップコーンの食感が楽しいピリッとフロランタン」は、控えめなキャラメルにマルドン塩・コショウのアクセント。ポップコーンとアーモンド、くるみがザクザクと心地よく、軽やかな食感です。さらに、栗入りでナッツ類も散りばめた「マロン・フィナンシェ」に、ポルチーニ、ゴーダチーズ、ベーコン、黒胡椒入りのクッキーと、どれもお酒に合う品が揃います。 もう一つは「オー・ギャマン・ド・トキオ」の“王道”「トリュフ薫るバターケック」と、薔薇の花びらやベリー類が華やかで女性に人気の「ベリーベリーブラウニー」が各2つ、フィナンシェはプレーンと抹茶の味違いで入っていて、シェアして召し上がるにもお勧めですよ。