優しい甘さの広がる京土産の新定番を自宅で

「『石段した』の名前の由来は、朱塗りの八坂神社西楼門の石段下の土地で作られていることからきています」。
まさに八坂神社の西楼門の目前で和菓子を提供し続けるのは「祇園鳴海屋」の主人・前出暢久さん。
昭和6年の創業以来、手作りにこだわり、今では珍しくなった石臼で、毎日こころをこめてつくお餅や、名物の赤飯は、まさに生粋の京都人にとっては、馴染みの味だという。
そんな手作りにこだわる鳴海屋の自信作が、祇園祭神幸祭のお神輿でも有名な神紋である三つ巴(どもえ)の型が押された焼き菓子『石段した』。
黄味あんの中に練乳を練り込んだ生地で包んだ焼き菓子は、和とも洋ともどこか違う、ほんのりと甘さの広がる味わいが特徴。
京土産の新定番を、自宅にいながら味わえるのだから嬉しい限りだ。

京都の歴史が大切に育んだ、伝統と仕事を味わいたい

さらには今回、かわいい型押しの落雁『まいごろも』や、夏季限定の『竹水羊羹葛きり』など、京都の風情を感じる和菓子をラインナップ。
「少しでも受け継がれる京都の伝統を味わっていただけるとうれしいですね」と手を休めずに静かに前出さんは言う。
小豆から丁寧に作るあんこの製法に、長年大切に使われてきた木型などの道具類、店内に飾られた平安神宮や八坂神社、三千院門跡など数々の神社仏閣御用達の木札。
工房を覗けば、そんな大切に磨かれてきた技と伝統がこの場所には脈々と受け継がれているのだ。
一朝一夕ではたどり着けない味わい。
京都・八坂神社の門前で、今日も紡がれていく本物の和菓子を楽しんで欲しい。

どこまでもやさしい甘さが印象的な味は、まさに老舗の銘菓たる所以

『石段した』に『葛きり』と、祇園鳴海屋の銘菓を味わってみる。
どちらの商品にも共通したのは、ほっこりとしたほどけるような甘さだ。
どっしりと砂糖を利かせるような強い味わいはそこにはなく、甘すぎず、それでいて物足りなさを感じさせない味が象徴的なのだ。
それは素材の持つ長所を巧みに引き出しているからなのだろう。
毎日でも飽きない味。
京都人がついつい懐かしくなる老舗の味とは、きっとやさしく溶けるこの甘さなのだろう。