【3rd Anniversary】最大6,000円もお得なキャンペーン実施中

【必ずお読みください】

ご注文の際は、ご希望のお届け日をご設定ください。
設定がない場合は、順次発送されますのでご注意ください。

設定方法を確認する
【必ずお読みください】
ご注文の際は、ご希望のお届け日をご設定ください。
設定がない場合は、順次発送されますのでご注意ください。
設定方法を確認する

日頃お世話になっている方へ感謝の気持ちを込め、年末年始に贈り物をする習慣が「お歳暮」と「お年賀」。
お礼と感謝の気持ちを込めるものですから、しっかりと礼儀は守りたいところです。
そこでお歳暮とお年賀の基礎知識をはじめ対象別の相場や選び方、のしのかけ方などをご紹介します。

お年賀とお歳暮の違いって?

「お年賀」の起源は、新しい年神様をお迎えして祀ることにあります。お正月の年始挨拶に訪問する際には「御歳魂(御年玉)」と称して、年神様を祀る神棚や仏壇へのお供え物を互いに持参した習わしが起源とされています。
それがいつしか手土産を持参するという形に変わり、子供達へは「御年玉」、家人へは「御年賀」と表書きして贈られるようになったのです。
今年もお世話になるという未来形に対する気持ちを伝えるため、目下の者から目上の方へ贈るものです。

また、お歳暮の起源は上元(旧暦1月15日)、中元(旧暦7月15日)、下元(旧暦10月15日)の年に3回、神様にお供え物をする中国の文化にあると言われています。それが室町時代の日本に伝わり、武家や貴族といった上層階級の間で浸透。江戸時代には庶民の間にも普及し、新年を迎えるにあたってご先祖様や神様へのお供え物を、年末のうちに本家などへ届けるようになりました。今でも新巻き鮭や数の子がお歳暮の定番なのは「お神酒と合わせてお供えする酒の肴として」との考え方が影響しています。
一昔前までは「歳暮周り」としてお世話になっている相手の元まで足を運び、贈り物である「お歳暮」を手渡して挨拶する行事でしたが、次第に郵送が一般的となり現在で見られるような文化に定着したのです。

いつ贈ればいいの?

正式には正月三が日(1月1日~3日)の間に行う年始挨拶の手土産として直接持参するのが礼儀ですが、三が日の間に都合が付かない場合であっても、松の内(一般的には1月1日~6、7日※地方によって違います)までの間に訪問するのが習わしとなっています。
「お年賀」は、お中元やお歳暮と違い、宅配便などで贈ることはタブーとされていますので、双方の都合により、松の内の間を過ぎて訪問することになった場合は、表書きを「寒中見舞い」として持参するのがよいでしょう。

お年賀を贈る時期の目安
■関東/ 1月1日~7日まで
■関西/ 1月1日~15日まで

※寒中・・・寒の入りである小寒の初め(1月5、6日)から大寒の終わり(2月3、4日)の立春前までの約1ヵ月間

お年賀とお歳暮は両方贈るべき?

年末年始はひと月も経たずにやってくるので、短い間にそんなに何度も贈らなくてもよいのでは?と考える方もいますが、一年ということで考えてみると、年の初めにその一年のお世話になる方への挨拶として贈り、年の終りにお世話になった方への感謝として贈るものですから、親しき人、本当にお世話になっている方には両方贈ることをおすすめします。

誰に何を贈ればいいの?

実家の両親や仲人・媒酌人などの他、日頃のお付き合いの上で特にお世話になっている方々に対する年始挨拶は欠かせないものです。
「お年賀」の贈りものとしては、金額は2,000円~5,000円程度を目安に、相手の好みや家族構成、年齢、人数などを考慮し、「喜んでいただけるもの」を先様ごとに選ぶことを心がけましょう。
相手のことを考えて贈る点に、本来の「お年賀」の意味があるのです。

のし紙に関する基本

婚礼などと違って“何度でも繰り返していいお祝い”ですから、お年賀の贈り物に掛ける「のし紙」は、紅白蝶結びののしを用います。
当方又は先方のいずれか(又は双方)が喪中にあたる場合は、事前にお断わりを入れて先方の了承を得た上で、松の内を外して「寒中」に訪問するのがマナーとされています。
この場合の表書きはお年賀としないで「寒中見舞い」としましょう。
また、先方に事情を説明して年始挨拶を欠礼させていただいても特に失礼にはあたりません。

ご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせください。