【3rd Anniversary】最大6,000円もお得なキャンペーン実施中

2018 . 11 . 01 UPDATE

達人

大木 淳夫さん

ぴあ「東京最高のレストラン」編集長

1965年東京生まれ。プロが実名で評価する唯一のレストランガイド「東京最高のレストラン」編集長を2001年の創刊より務めている。その他の編集作品に「いまどき真っ当な料理店」(田中康夫)、「一食入魂」(小山薫堂)、「日本一江戸前鮨がわかる本」(早川光)、「なんでお店が儲からないのかを僕が解決する」(堀江貴文)など。好きなジャンルは鮨とフレンチ。

このレポーターの記事一覧

【petitACCUEIL】テリーヌセット

なんとも贅沢なセットだ。パーティの場はもちろん、日常の食卓までもがレストランのように感じられる。3品ともコース料理の中でいえば「前菜」だが、驚く程のボリューム感がある。

「パテ・ド・カンパーニュ」は鶏レバーを混ぜ込んでいる分、しっとりと濃厚な味わい。
「ほろほろ鳥のテリーヌ」は万人受けする美味しさ。日常の中では、あまり出会うことのないほろほろ鳥の味を、存分に楽しんでほしい。
そして「フロマージュドテット」。もうあまりレストランでもオンメニューされていない懐かしい料理だけに、これはぜひ食べてみてほしい。日本風にいえば、豚の煮凝りだが、旨味と食感を存分に楽しめる。

せっかくのセットなのだから舞台を整えてからいただこう。できれば調味料としてレモン、オリーブオイル、マスタードは用意したい。パテやテリーヌはマスタード、フロマージュドテットはレモンやオリーブオイルを垂らすと、より深みが出る。

パンも必須だろう。定番ものもいいが、レーズンの入ったブリオッシュレザンなども意外に合う。

シャルキュトリーゆえ、一度にたくさん食べると塩分を感じるので、付け合わせには葉物系の野菜やピクルスがいいだろう。口中をさっぱりさせてくれる。同じ理由で飲み物は白ワインや発泡系が合う。赤ならボジョレーのような軽いものが合わせやすい。ただ、スパイスの香りがする赤なら、3品で使われている香辛料と共鳴して、より料理の味を引き立ててくれる。

まずはそのまま盛り付けてテーブルを華やかせ、次に切り分けて絶妙のハーモニーを堪能しよう。

petitACCUEIL

テリーヌセット

3,435(税・送料込)

3種のテリーヌのセットです。 パテ・ド・カンパーニュ(100g)、ほろほろ鳥のテリーヌ(95g)、フロマージュ・ド・テット(75g) 室温に戻してそのままお召し上がりいただけるワインのおつまみです。 【パテ・ド・カンパーニュ】 マリ...

このレポーターの記事一覧

ご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせください。