【3rd Anniversary】最大6,000円もお得なキャンペーン実施中

2017 . 11 . 16 UPDATE

達人

マッキー牧元さん

タベアルキスト

1955年東京出身。立教大学卒。(株)味の手帖 取締役編集顧問。タベアルキスト。立ち食いそばから割烹、フレンチからエスニック、スィーツから居酒屋まで、日々飲み食べ歩き、雑誌寄稿、ラジオ、テレビ出演など行う。「味の手帖」「銀座百店」「おとなの週末」「食楽」他、連載多数。著書に「東京 食のお作法」文芸春秋刊、「間違いだらけの鍋奉行」講談社刊、「ポテサラ酒場」辰巳出版(監修)「出世酒場 ビジネスの極意は酒場で盗め」(集英社)ほか。

このレポーターの記事一覧

【千年鮭 きっかわ】鮭の生ハム 3枚化粧箱入

今朝の朝ご飯は「きっかわ」の鮭の生ハムで攻めた。
炊きたてのご飯を用意して、鮭生ハムを一枚食べては、ご飯を描き込む。
次に、ご飯を生ハムで巻いて食べる。

ああ止まりません。

生ハムのしなやかな身が、ご飯に甘えるようにしなだれて、唇を通過する時の感触が、なんとも優しい。
いつもの焼き塩鮭とは違う、熟れた丸い塩気が酒の滋味や脂の甘みと自然に馴染んで、エレガントが生まれる。
生ハムに抱かれた熱々のご飯が嬉しそうにしている。だから巻く手が、口に運ぶ手が止まりません。
さらに寿司風に握ってもみた。
ああこれもいけませんね。
もう一貫もう一貫と、ますます握りたくなってしまう。

よし。最後は茶漬けといってみよう。
切った鮭生ハムをご飯に乗せ、わさびをすりおろし、「いりごまをかけて、煎茶をかける。
ザブザブザブ。
むふふ。思わす笑った。大いに笑った。
これで十分うまいのだが、さらに今度は海苔を千切ってかけ、追いわさびをした。

ああ、幸せここに尽きました。

千年鮭 きっかわ

鮭の生ハム 3枚箱入

3,402(税・送料込)

村上の独特の気候風土の中で発酵させた鮭を、更に独自の製法により、低温でじっくりと熟成させ仕上げたのが鮭の生ハム。伝統的な鮭料理の製法を生かしつつも、革新して生まれた逸品です。燻製はしていませんので、スモークサーモンとは全く異なるふくよかな...

このレポーターの記事一覧

  • 創業80年 肉の王様 鳥市精肉店

    あいち鴨鍋ギフト

    5,400(税・送料込)

    今夜は、鴨しゃぶパーティーである。用意するものは、「本鴨しゃぶセット」に、ネギ、ナメコ、芹と豆腐にお...

  • 杉本食肉産業

    黒毛和牛柚子香漬けローストビーフ

    6,696(税・送料込)

    ローストビーフを包んでいた袋を破った瞬間、柚子が香った。マリネ液で、てれんと輝くローストビーフが艶か...

  • スモークハウスファイン

    つるしベーコン

    3,780(税・送料込)

    長い。55㎝ある堂々たる姿である。袋を破ると、あたりに香ばしい燻香が漂った。「塊で食べてね」。そうベ...

ご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせください。