ポイントアップキャンペーン

2019.05.18 UP

伝統の調味酢と華やかなポン酢&ビネガードリンクが詰まった「尾道バラエティセット」

広島県の南東部にある尾道市は古来からお酢の醸造地として有名でした。その歴史は戦国時代まで遡ります。本能寺の変があった1582年、地元の商人が堺から酢の職人を呼び寄せ醸造を開始したのが始まり。なんと、その時に創業した会社は今も良質なお酢を作り続けているのです。

それが現存している日本最古の調味料メーカー『尾道造酢』。品質の高さからキユーピーマヨネーズの原料としてのお酢も出荷しています。老舗料亭や人気レストランの料理人にもファンは多数。普段使用しているお酢とどれほどの違いがあるのか、試してみたくなり「尾道バラエティセット」をお取り寄せしてみました!
和洋中どんな料理にもマッチするという万能型の調味酢「尾道のうまい酢」が1本、尾道産イチジクと自社搾りの橙果汁をたっぷり使用した「尾道ぽん酢」が2本、希釈して楽しむビネガードリンク「無花果酢いーと」が2本、全部で5本のセット。さっそくディナーに使用してみます。
1品目は「尾道のうまい酢」を使用した酢の物です。普段はキュウリ、ワカメ、ゴマにお酢を和えるだけなのですが、今日はちょっと豪華に解凍むき海老と桜海老もプラス。お酢を加えた瞬間に、ふわっと鼻を抜けるのは高級寿司店の香り。熟成されながらもナチュラルな感じがあり「なるほど、これが良いお酢か」と説得力を感じました。
 
ひと口食べて驚いたのが、刺激というかカドがまったくないところ。米、酒かす、大麦、りんご果汁など多彩な材料を使用しているそうなのですが、味や香りは主張せず、素材によく馴染んでいます。各素材の味がはっきりと浮かび上がり、安物のエビまで雑味を感じさせません。それでいて酢の物らしさはあるのだから不思議。お酢の尖った部分がキレイに削ぎ落とされた丸い味わいは、400年以上の歴史を誇る老舗だからこそ成せるものなのでしょう。
大根おろし山盛りの冷やし豚しゃぶに「尾道ぽん酢」をかけ、クセのない甲類焼酎と炭酸水を加えた「無花果酢いーと」とのペアリングを楽しみました。甘いイチジクと爽やかな柑橘の香りが肉の旨味を引き立て、冷やし豚しゃぶがより華やかな味わいに。心地よい酸味の後で果実味がいっぱいに広がる「無花果酢いーと」とも非常に相性が良かったです。
 
お酢を変えただけなのに、いつもの我が家のメニューがここまで美味しくなるとは。料理上手の秘訣は調味料にこだわるところなのかもしれません。「尾道バラエティセット」は料理好きの相手への贈り物や手土産にしても喜ばれること請け合いですよ!
尾道バラエティセット

尾道造酢

尾道バラエティセット

¥3,834(税・送料込)

尾道のうまい酢 1本、尾道ぽん酢 2本、無花果酢いーと 2本 の5本セットです。【尾道のうまい酢】500ml 米、酒かす、大麦、りんご果汁などをバランスよくブレンドした醸造酢です。和洋中のあらゆる料理によく合い、 古くから料 理人さんからも...
商品詳細を見る
マルシェ編集部

マルシェ編集部

レポーター

商品をお楽しみいただくイメージがより具体的に膨らむよう、マルシェ編集部のレポーターが実際に商品を購入し、お客さま目線で実食までを本気でレポートします。どのような形で商品が届くのか、そしてどのような調理や下準備が必要なのか、注意点なども含めて分かりやすくお伝えします! みなさまのご購入の参考になるよう、レポートしますので是非お役立てください!

このレポーターの記事一覧

トースターで温めるだけ!本格的なナポリピザを自宅で味わえる「石窯で焼いたナポリピザ 3枚セット」
甘党も辛党も納得の最強ギフト!辻口博啓シェフ監修の「自由が丘サブレと豆スイーツの詰合せ」
目指したのは中国伝統の味。添加物・ニンニク・キャベツ不使用にこだわる「頑固餃子 10個入り×4袋」
もっと見る マルシェレポータートップへ戻る

ご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせください。
カスタマーサポートセンターよりご返答させていただきます。