メニュー

オンワード公式ファッション通販サイト

詳細検索

ニュース

2017 . 12 . 28 UPDATE

おかず・おつまみ

ハレの日のディナーはにいがた地鶏のローストチキンで決まり!

にいがた地鶏』は、やわらかく弾力のある歯ごたえとジューシーで旨味が詰まった肉汁、パリパリの鳥皮と、どこをとってもお楽しみいただけます。
今回はそんなにいがた地鶏を使ったローストチキンのレシピをご紹介。見た目も豪華な丸鶏は年末年始の家族団らんの食卓を彩ること間違いなしです!

---------------------------------
【材料】
丸鶏:1羽
ご飯(炊いたもの):200g
きのこ(舞茸、しいたけなど):100g
バター:20g
パセリのみじん切り:大さじ1杯
にんにくのみじん切り:1斤分
塩・コショウ:各少々
オリーブ油:適量
好みの野菜(ビーツ、インゲン、ニンニク、レモンスライス、コリンキーなど):適宜
クレソン:適宜
---------------------------------
【作り方】
(1)丸鶏は前日から冷蔵庫に入れるなどして、解凍しておく。
(2)きのこは石づきを落とし食べやすい大きさにほぐす。
(3)フライパンにバター、ニンニクを入れて弱火にかけて香りが出てきた中火にしてきのこを炒める。きのこがしんなりしてきたら、ご飯を加えてほぐすように炒める。塩、コショウで味を調えてパセリを加えて火を止める。
(4)丸鶏は首の根元をキッチンバサミで切り落とす。腹の中をよく洗ってキッチンペーパーで水気をしっかりと拭き、塩、コショウを強めにしておく。
(5)内臓部分に(3)で炒めたご飯を詰めて、ご飯が出ないように詰め口を竹串や楊枝で止める。脚をクロスさせてタコ糸やアルミホイルで縛る。鶏の表面にオリーブ油を塗り、天板にのせ、好みの野菜を食べやすい大きさに切って添える。あらかじめ230度に温めておいたオーブンで約40分焼く、竹串を肉厚の部分に刺して透明の汁が出てきたら取り出す。
--------------------------------

パリッとした皮に、しっとり仕上がったお肉。鶏の旨みをたっぷり吸った詰め物がとってもおいしい丸鶏のローストチキンの完成です!
焼き時間はかかりますが、工程自体はシンプルで、意外と簡単です。詰め物も野菜にすると手間もかかりません。また、残ったガラやご飯は、野菜と一緒に鍋にすると鶏の旨味スープが出てくるので、〆としてもまた違った味を楽しめます。パーティー料理の新たなレパートリーとして是非挑戦してみてください!

※ 加工工程でどうしても取り切れない鶏の毛が残っていることがありますので、下処理の段階でご確認ください。
※ 丸鶏のサイズは鶏によって違いがあります。
※ 全長35cm〜40cm位、高さ15cm〜18cm位、厚み12cm〜15cm位と大き目です。中の内臓を抜いた丸鶏一羽の生肉を冷凍でお送りしますので、ご注文前に使用されているオーブンの大きさをご確認ください。

  •  

     

    ¥ -(税・送料込)

関連ニュース

おすすめ商品

シチュエーション

ギフトシーン

気分

地域

その他の条件

最近チェックしたアイテム

ご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせください。
カスタマーサポートセンターよりご返答させていただきます。

また、お電話でのご注文も承っております。

0120-603-700 0120-603-700

受付時間 9:00〜18:00(年中無休)
オンワード・マルシェ カスタマーサポート

※ ご注文には事前に会員登録が必要となります。
予め会員登録を済ませてからご連絡ください。

再入荷のお知らせ

再入荷お知らせメールにご登録いただきますと、商品が完売した後も、状況により(キャンセル・返品・再入荷など)再販売を行う場合にメールでお知らせいたします。

商品名
メールアドレス

商品カートに追加しました

閉じる